February 19, 2005

セントレア(中部国際空港)へ行こう

〜アミューズメントパークとしてのセントレア〜

この空港は、ご存じの通り「世界のトヨタ」が中心となって作り上げ、従来の空港のように空港利用料だけに頼らない「娯楽施設としての機能を充実させる」とのことなので、副題にあるようにアミューズメントパークとしての観点からいろいろと見てみよう。
○その1 デートスポット

今日は、社内でも評判の美人で育ちが良く、しかも留学経験ありの名古屋嬢K子をデートに誘った。
当然ライバルが多くてなかなかデートのOKを貰えなかったのだが、今日「セントレアへ一緒に行かない?」と誘ったところ、「一度行ってみたかったんだ。♪」とあっさりOKが貰えた。

18:00
彼女を愛車に乗せて、名古屋を出発、高速に乗りいざセントレアへ、
展望レストランがあるから、そこでディナーを食べようか」「わ〜い、飛行機を見ながらお食事できるのね。嬉しい〜♪」
などと盛り上がりながらセントレアへ向かう。

18:40
「あれ?渋滞みたいだ」
「え〜、K子渋滞嫌いなの〜、ねぇ、映画に出てくる車みたいに空を飛んだり、海に潜ったりできないの?」とちょっと不満顔。
(潜れるけど二度と陸上に戻れないぞ!)と心の中で突っ込みながら薄笑いを浮かべる俺。

そう、セントレアは人工島に作られた空港であるから橋を渡らなければならない。
高速の出口(料金所)で渋滞する。
海を潜る以外抜け道はない。空を飛ぶと空港の管制に引っかり、迎撃戦闘機が飛んでくる。

19:30
やっと駐車場へ車を止め、空港内へ。
さっきまで渋滞で不機嫌だったK子も空港の内部へ入ると、その洗練された作りにご満悦の様子。
ひとしきり、ファッショングッズなどを見てまわる。
「K子、グッチのバックが欲しいな〜♪」
しかし、空港内に有名ブランド品専門店は無い。正直ほっとする俺。
「K子ちゃんに、ブランド物は必要ないよ、K子ちゃんが持っているバックがブランドになるんだから・・・」
などと訳の分からないおだて言葉を言いながらレストランへ向かう。

20:00
いよいよ展望レストランでディナータイム。
メニューをみるとフランス料理のディナーコースは1人8,800円からだ。
ちょっと俺の顔が引きつる。(-_^:)
しかし、男として、ここでうろたえては行けない。
「どのコースがいいかな〜♪」などとメニューを見ながら迷っているK子を横目に、
私は、迷わず8,800円のディナーを注文する。

21:30
「なにか今日来た記念にプレゼントしてあげるよ」
「ワーイ。K子嬉しい♪」
と良い雰囲気で、レストランを出る。

しかしそこにあったのは、人間だけはいっぱいいるが、シャッターが降り、閑散とした商店街だった。

「いや〜!、K子、ティファニーの指輪が欲しい~!」
だから、ブランド品は無いっちゅうねん!(-_-メ)

「閉店早い」利用客不満by中日新聞


「お、お風呂でも入ろうか・・・」

つづく

この記事が面白いと思った方は、ポチッとお願いします。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/diver_watch/14649313
この記事へのトラックバック
 愛知県常滑市沖の伊勢湾に総事業費6431億円を投じて建設された「中部国際空港・セントレア」が17日午前零時に開港した。成田、関西に次ぐ国際拠点空港として海外25都市、国内24都市と結ぶ。3月25日開幕する愛・地球博(愛知万博)に国内外の見学者を迎える
中部国際空港セントレア開港【DRAGONS★VICTORY】at February 20, 2005 00:58