March 27, 2005

ビューフォート風力階級

〜風の強さを目で見る〜

まだまだ寒い日が続きますね。
「お彼岸を過ぎたら暖かくなる」なんて言ったのは誰だ〜!(゜;)(。。;)キョロキョロ

この季節は、移動性高気圧が発達し速い速度で東へ移動するため風が強い日があります。
突風などにご注意を。
この高気圧のことを台湾方面(西方)から来るので「台湾坊主」などと言います。
「西の方から来る暴れん坊」という意味ですね。

というわけで、今日はその目に見えない風の強さを目で見て判る方法をご紹介しましょう。
ビューフォート風力階級表というものがあります。(直リンク失礼!)
元々海上での風の強さを目で見て知るためにイギリスで作られたものですが、現在は陸上の様子も加えられて気象庁でも採用されているものです。

私の経験では、陸上で風が強いと感じるのは、階級4ぐらいからでしょうか。
遮蔽物のない海上では、2〜3段階上の風が吹いていると思って良いでしょう。

ボートダイビングなどで、海の上へでるときの参考にしてください。
陸上ではたいしたことがなくても、海上では大時化(おおしけ)の場合があります。

ちなみに台風は、熱帯低気圧が、風速17.2m/s以上に発達したのもです。


日本代表もグランパスも負けて、元気のないやっさんへ励ましのポチッとお願いします。

この記事が面白いと思った方は、ポチッとお願いします。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/diver_watch/17321778